読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトコの腐ったようなやつ

腐ってます。小説・コミックの感想、ゲームプレイ日記などが中心。

新刊があれば忘れる

日記 BL小説感想

お昼ごはんを買おうとしたら財布に札がなくて非常に焦った。

そういえば朝から3冊も本買ったんだった。

本を買うことにためらいがないせいか、すっかり忘れてしまい、

その日の飲み代を使ってしまうこともあったり、

しかも反省しなかったり、金銭感覚がダメな人間である。

 

今日は昨日から読み続けていた「FLESH & BLOOD」24/松岡なつき、を読了。 

おそらく世界で最もAmazonを通じて購入されているBLだろう。

Amazon限定ペーパーってその辺の小売が太刀打ちできなくてずるい。

いやだなあ、と思いつつAmazonで買ってしまう悔しさよ。

 

内容は引き続きアルマダの海戦のさなか。

イングランド、スペイン両国の人間の描写はもはや歴史ファンタジーの体である。

軽い歴史ファンタジーじゃなくって、史実とパラレルになっているファンタジー。

BLなのに1回もエロがない。もうこの時点で「BL」という枠は超えている。

でもいいんだ、面白いんだから。というか思いを遂げるまでに

20巻以上かかったシリーズだから、別にファンとしてはどうってことない。

恋愛に関しては紆余曲折がありすぎて、想いを遂げた後はもう

「オバちゃんはアンタたちが幸せならいいのよ」視点である。

史実どおりに事が進むのか、進んだとして各キャラクターは生き残るのか、

結末はどうなるのか……それを見届けたい一心で読み続けてしまう。

あーはやく続きが読みたい!

ちなみに私はイングランド派。スペインも嫌いじゃないけれど。

 

Fate再開。セーブするの忘れて3日も戻った……めんどい。