読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトコの腐ったようなやつ

腐ってます。小説・コミックの感想、ゲームプレイ日記などが中心。

BL小説を最近買ってない、という感覚に対してのデータ

ここ最近Twitterで友人のつぶやきを見ていても、
自分の実感としてもBL小説を買ってない傾向にある。
これは自分(や友人)が買わなくなっただけなのかしら、と
寂しい気持ちがしたので調べてみることにした。
データとしては全く不完全なことはわかりつつも、
部分的にでもいいやと思ってここ5年の2月の出版点数を調べてみた。

レーベル20162015201420132012
ガッシュ文庫 2 2 3 4 4
キャラ文庫 2 3 3 4 4
コバルト文庫 4 3 6 7 9
SHY文庫 1 1 2 3 3
シャレード文庫 3 2 2 3 4
ショコラ文庫 2 3 3 3 4
ダリア文庫 1 1   2 1
ディアプラス文庫 2 1 2 2 2
モノクロームロマンス文庫   2   2  
花丸文庫   1 2 3 4
B-PRINCE文庫 4 4 3 3 4
プラチナ文庫 2 1 2 2 2
プリズム文庫 1 1 2 1 3
X文庫ホワイトハート 7 4 4 5 2
ルチル文庫 7 7 9 9 8
ルビー文庫 2 2 2 3 3
ローズキー文庫   1 1 2 3
クロスノベルス 2 2 3 1 3
SHYノベルス 1     2  
ビーボーイノベルズ 3 2 4 3 5
リンクスロマンス 5 5 5 5 3
カクテルキス文庫 1 1      
ラルーナ文庫 2        
ホリーノベルズ 1       1
アズ文庫   2      
フルール文庫   2      
アズノベルズ       2 2
文芸社ピーチ文庫       2  
ローズキーノベルズ         2
ルナノベルズ         2
ドルチェノベルズ         2
TOTAL 55 53 58 73 80

データから見た所感。

  • ここ3年はそう大して変わらないように見えるが、
    2013年から見れば2割、2012年から見れば3割近く点数が減っている。
  • ホワイトハートとコバルトはBLが含まれる割合が少ないので、
    さらに点数は少ない。
  • 新設されたレーベル(赤字)が2つに対し、休止中(と思われる)の
    レーベル(青字)は8つ。実際にはフルール文庫も半年近く出ていないし、
    花丸文庫も3ヶ月出ていない。
  • 電子書籍に移行しているレーベルがコミックと違って少ないので
    わりと実質的な点数。
  • 新装版や文庫化も含まれているので実質は……(ふるえる)

その他、表にない点で言えば文庫の価格は600円弱~700円だったのが
600円強~750円になり、消費税増税プラスアルファぐらい増えている。
点数が3割減だから値上げしてもその価格設定はしょうがない気もする。

年間の出版点数と電子書籍点数と新人の割合を調べれば、
より真剣に考えられそうな気もするけれど、
一消費者としてはそんなこと考えないで楽しみたいので、
出版社には、売れない買って!とか既刊フェア!みたいなことではなく、
より業界全体を考えた対応を取ってほしいなと思った今日この頃。