読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトコの腐ったようなやつ

腐ってます。小説・コミックの感想、ゲームプレイ日記などが中心。

1クリックの軽さ

ゲームが落ち着いて読書モードに入り始めているここ数日、

積読が寂しくなってきたので図書館の予約も入れたがまだ取りに行けてない。

そんなとき、ついKindleのセールを確認してしまう。と…

ウィッシュリストに入れていた本が安くなってるじゃないですかー!やだー!

カチッ!アタシの財布は死んだ。スイーツ (死語)

 

すでに読んだ本をいくつか。まずは「くま義兄さんは、バツイチ」/斑まだ。

「体格のいいほうが攻め」がBLの基本精神であるが、腐って長く経つと一定の割合で

「体格のいいほうが受けだろ…JK」と鮒寿司のように熟れてくるBL好きが

泣いて喜ぶ作品。私?むせび泣いてますよ。3冊で約300円とかご褒美すぎないか。

義理の弟 (離婚済みなので本当はなんの姻戚関係もないが) にあれよあれよと流される

クマ系のお兄さん……非常に需要は限られているだろうけれど私は好きだ。

 

次は 「Tarzan 糖質OFF 徹底ガイド」。

Tarzan (ターザン) 2015年 9月24日号 No.680 [雑誌]

Tarzan (ターザン) 2015年 9月24日号 No.680 [雑誌]

 

これはセールではないけど、紙よりさらに良心的な値段 (約400円) になっていたので購入。

雑誌とKindleは親和性高いね。

糖質制限ダイエットをしているわけではないので、詳しく知らなかったが、

糖質=カロリーだという認識を改めねばならないことが良く分かった。

でもな、ご飯美味しいんだよな。トーストも厚切りが好きなんだよな。

……うん、糖質制限はご飯をちょっと減らすぐらいで考えとこう。

カロリー以外のものさしがあるという点で非常に参考になった。

 

最後に「死者のための音楽」/山白朝子。259円はお得なり。 

怖いんだかわからないような話もあれば、ただ理不尽に怖い話だったり、

魂や輪廻といった旧いモチーフが出てきたり、新しくも、いい意味で日本らしい怪談。

怖いだけでなく、おしつけがましくない哀しさや切なさが淡々と紡がれているのは

さすがにO氏だな、と。いまだに初期のころの作品はとってあるくらいには好きなので、

こうやってまた別ペンネームでも読めて嬉しい限りである。

 

合計9冊もポチッてしまったのでざくざくと読んでいきたい。