読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトコの腐ったようなやつ

腐ってます。小説・コミックの感想、ゲームプレイ日記などが中心。

忙しいほうがマシ

今日は6日目連続猛暑日!とマスコミでうるさく言われている中、スーツで客先へ出かけた。

クールビズ仕様で助かったが、それでもキチガイじみている。

日本の夏にスーツ着用は止めよう。ヒートアイランド化防止の第一歩だ。

まあそのおかげでようやく仕事が来た。

暇よりはぜんぜん良いが、忙しくなると暇なほうがいいと思ってしまう。

夏には冬がいい、冬には夏がいい、と言う人と同じくらい身勝手である。

(私は夏も冬も嫌いだからそんなことは言わない。)

 

さて、発売から1週間以上経ってしまったが「バーナード嬢曰く。」2/施川ユウキを読了。

読書好きにはたまらぬ作品である。いわゆるあるあるネタなのだが、

あるあるの方向が「読書家を気取りたい」ニワカの方向だったり、

SF小説好きやシャーロキアン」のディープな方向だったりと、

どちらとも滑稽で、どちらもいとおしく思えるのである。

2巻で一番好きなのは村上春樹の話だった。

「遠藤君 村上春樹とのベストな距離感思いついたよー

春樹の訳した翻訳本を通して触れる程度のフワッとした距離感!

あくまでも『文体が好きなんだよね』的ポジションで

村上春樹と同時にフィッツジェラルドやチャンドラーやサリンジャーも読んだことにできる!

正に一石二鳥!

現代アメリカ文学のことも概ねわかった気になれそうだよ!!!」

「本をナメるな」

私も村上春樹は1冊しか読んでないうえに面白さがちっともわからなかったので、

このスタンスで翻訳本を読んでみようと思う。

disってません最大のdisは無視です、という作者の姿勢も支持したい。

スルーされるというのは最も表現者にとって厳しいことなんだろうな。

 

国際孵化はただいま240個消化。いまだ生まれず。