読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトコの腐ったようなやつ

腐ってます。小説・コミックの感想、ゲームプレイ日記などが中心。

オネエは伝達手段

もうすぐ6月とはいえ今日は暑すぎたわ。

ジムに行くだけで汗だくだく。マッチョの臭いむんむん。

あーあ、嫌な季節がやってくるわね……

 

オネエ口調で書いたのは読了した「部長はオネエ」/ながべ、に合わせたから。

オネエというのは後天的なものだと思っている。

男らしいしゃべり方や態度では自分の感情をうまく発露できない、

そんな時に過度な対極の表現をすることで発露する……のだと思う。

かくいう自分も第二言語のように物心ついたときには

使えるようになっていたし、使い分けている。

で、この第二言語の難しさというのは、

人によっては嫌悪の対象になると言うことだ。

オネエ口調は気持ち悪い、態度がオカマみたいで気持ち悪い……

「だから何よ?」と言い切れるほど、強い人ばかりではない。

 

この作品の主人公もそうで、オネエの自分をバーで働くときのみに

さらけ出せる。(例えにじみ出ていたとしても)

そういう性格の人に急に「ありのままの君が好き」なんて

陳腐なJ-POPの歌詞みたいなオトコが現れてすんなり行くわけもなく、

両手に花状態になっても煩悶してしまうのである。

 

昨今のBLから言えばかなり過激さはないほう、というか、

全編通してエロのかけらもないのだが、別に気にはならない。

ぐだぐだと悩み恥らっている部長を見ていると和む。

人間でないことが逆に感情表現が豊かになっているし、

人間でないことでリアルが緩和されていて読みやすい。

(三次元の世界でのリアルという意味。リアリティはある。)

なかなか面白い挑戦作だった。良。

 

Kindle本がポイント50%還元セールをしているので5000円ほど

買ってしまった。明日からは一般マンガ読みふける予定。