読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトコの腐ったようなやつ

腐ってます。小説・コミックの感想、ゲームプレイ日記などが中心。

できることならわからないままでよかった

今日はジム寄って帰ろうと思ったのに予想外のことがおきて

だいぶ残業時間が長くなってしまった。

やってみないとわからないことって、あるある。

そして仕事においては大体タイトルだったりする。

明日は少し早起きせねば。

 

「霊応ゲーム」/パトリック・レドモンド、読了。

後半はさらにするするっと読めた。

 

転校生が来る前に一人の青年が亡くなった……という点では

海外版「トーマの心臓」オマージュかよ、と思ったけれど、

パブリックスクールものでありながら、その制度を批判しているし、

リチャードとジョナサンがユーリと逆方向へ突っ走っていて、

まったく趣の違う作品だった。

 

単なる「男子が集う場所」としてだけを期待しているのであれば

あまり意にそぐわないかもしれないが、

執着心が強く病んでる人が見せる弱さ、みたいなものが

好きな人にはこの作品はたまらないだろう。

男の子が男性視点の男の子らしさをもって描かれているのは、

さすがに著者が男性だけある。

  

霊感が全くない自分にとってはオチは腑に落ちない。

リチャードの悪魔的な思考や手口のほうがよっぽど怖い。

完全に洗脳の手口である。それを言わせているのが

「何か」なのだとしたら確かに恐ろしいのかもしれないが。

 

トーマの心臓」「風と木の詩」「摩利と新吾」を読んでいる以上、 

自分の中では新たなスタンダードにはなりえないが、

海外ものとしては非常に読みやすかった。

 

今日はもう寝る也。