読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトコの腐ったようなやつ

腐ってます。小説・コミックの感想、ゲームプレイ日記などが中心。

太ももが痛気持ちいい

BL小説感想 日記

木曜日のフルット」2巻の中で

「毎日どこかが筋肉痛!最高!! 生きてるう」という台詞がある。

半年前だったら「何言ってんだこいつ?」と思っただろうけど、

今はちょっとわかる。

前と同じ負荷だと筋肉痛にならないと少し誇らしかったり、

逆に少し負荷を上げて次の日筋肉痛だと効いてるのがわかって

痛いけど気持ちいい。生きてる実感がある。Mじゃありません。

 

Mに関連して。

今日は「いつもそこには俺がいる」/綺月陣、を読了。

この著者は大好きなのだが、このシリーズだけは読んでいなかった。

理由その一、古い。1996年掲載作って……。

古いからつまらないということは決してないんだけれど、

世相を反映するところがあるのでつらいこともある。

理由その二、シリーズの 順番がわかりづらい。

「いつもナントカ~してる」と少しずつ変えてゆくタイトルは、

統一感はいいんだけれど巻数がわからない。

理由その三、挿絵が好みではなかった。

 

その三は、残念ながら挿絵が変わっても継続しているが、

その二は順次刊行なので解消。そして楽しみに直結するその一は、

あとがきによると全ページと言っていいほど改稿したらしく、

そのおかげか特に文章で古臭さを感じることはなかった。

(展開が今風でないことは逆に新鮮なので気にならない)

 

攻めが結婚式を挙げることで肉体関係だけだった受けの本音を

あぶりだしたい、というぶっ飛んだ理由に鼻白んだが、

攻めの俺様ぶりに潜む怯懦が可愛いのでよしとする。

そんな攻めに翻弄されつつ付き合ってる受けは、

正真正銘のMだろう。(関連すると言ったくせにここまでひっぱった)

 

ファンタジックなBL(ファンタジーBLにあらず)は、

楽しんだものが勝ちである。

この勢いで2巻も読み続けられそう。並。

 

今日は残業で疲れたのでポケモンORAS

ウルガモスの孵化作業を少しして寝る。