読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトコの腐ったようなやつ

腐ってます。小説・コミックの感想、ゲームプレイ日記などが中心。

平行世界

今日は一日お客さんところに詰めっぱなしだったので

ストレス解消に帰りにスポーツジムに寄った。

通い始めてからまだそんなに経ってないんだけれど、

運動嫌いにしては続いている…と思う。

目の保養じゃありませんよ、健康のため。ほんとに。

 

しかしまあ、ジムには普段お目にかかることのないマッチョが

そこかしこにいるものである。眼福を通り越すレベルだ。

ベッドタウンの最寄り駅そばのジムなので

ここへ通っているということは家も遠くはないはずだが、

ジム以外で一回も見たことがない。

服着ちゃうとわからないよ、とかそういうのを

超越したマッチョにもかかわらずだ。

普段は平行世界の住人でジムでのみ交差しているのかもしれない。

 

なんてくだらないことを考えつつ、今日はKindle

持ち歩いて「それでも町は廻っている 11」/石黒正数を読了。

電車の中で読むべき本ではない。にやけ笑いがとまらない。

しかし面白いので読み進めてしまう。またにやけてしまう。

結果非常に気持ち悪いオトコになる。が、私は幸せなので良し。

基本コメディなのに非常に質のいいミステリになったり、

背筋をぞくりとさせるサスペンスになったりと忙しいのだが、

タイトル通りそれでも町は廻っているという地続き感がある。

一気に読むのはもったいないのでちびちび買って読みたい。良。

 

昨夜の「俺は性格が悪い」/四宮しの、も読了。

確かに性格が悪い。可愛い方向に、だ。

世の中に恋愛でハッピー!な話が多いけれど、

些細なことで傷ついたりすれちがったり嫉妬したり、

負の部分のほうが大半を占めると思っているのだが、

それをごまかさずに描いているので性格が悪く見える。

でもそれが「わかるわかる」になって自然と可愛く思えるのだ。

攻めも受けも、両方とも性格がよろしくないのが宜しい。

サブカプも大変当て馬ざまぁが美味しゅうございました。良。

 

Twitterで話題になっていた「霊応ゲーム」を図書館で予約。

421ページの翻訳小説……読みきれるか怪しいが、

読めなければ返せばいいので、まあいいでしょう。

 

今日は体を動かして疲れたのでXenoblade 2周目の

クエストをちょっとこなして寝よう。